腫れた埋没毛にはストレミラインで保湿する

ばい菌

ストレミラインなどのクリームを使わずに、ムダ毛の処理をしていると、埋没毛が悪化して、肌がザラザラになってしまうことはよくあります。

 

さらにばい菌が入ったりして炎症を起こせば、腫れを伴ってしまうんですよね。

 

そして、皮膚の腫れを伴った埋没毛はこれだけではありません。

 

腫れた埋没毛にストレミライン

 

肌の角質が分厚くなって、完全に行き場をなくしてしまうとその毛は一体どうなってしまうでしょうか?

 

毛はグルグルと狭い範囲でとぐろを巻くように成長していき、外から見ればシコリのように、腫れた皮膚になってしまいます。

 

ひげ剃り

男性でもヒゲの処理が適切にされていないと、埋もれ毛になります。しかもヒゲは固いので肌へのダメージもすごいです。

 

ニキビも跡になりますが、埋没毛も無理に引っ張り出したりすると、必ず跡になってしまいますので気を付けてください。

 

 

ただの埋もれ毛だからと…ほかっておくと、より悪化してしまうこともあるんですよね。

 

もっと怖いこともあるんです。それは「毛嚢炎(毛包炎)」と呼ばれるもの。

 

毛穴の奥には毛根を囲っている「毛包」がありますが、ここにブドウ球菌が感染して起こります。

 

毛嚢炎(毛包炎)たまにできるくらいならいいんですが、どんどん増える場合には、何か原因が隠れているので注意が必要です。

 

カミソリや毛抜きが不衛生であるとか、環境そのものが原因の場合もあります。

 

肌のかゆみや炎症を抑えようとステロイド薬などを塗っていることが原因になることもあります。

 

埋没毛は予防が大切

 

いつもできる埋もれ毛だからと言ってほかっておくとなかなか肌を正常な状態に戻すことはできません。

 

この埋没毛のスパイラルは想像以上に治りにくいので、できれば埋没毛ができない肌環境に整えてあげるのが一番

 

埋没毛のない美脚

だから予防するためにも、肌を守る角質を無駄に分厚くさせないためにも、しっかりと保湿してあげることが重要です。

 

ストレミラインは保湿は大前提で、色素沈着のもとのメラニンが作られるのを防いでくれます。

 

  • 毛穴がブツブツして黒ずんで汚く見える。
  • 埋没毛が全身のあらゆるところにあってどうしようもない。
  • 憧れのツルツルの肌になりたい。

 

このような方は、まずはお風呂上がりとムダ毛処理の時にストレミラインを塗ってみると案外簡単に解決するかもしれませんよ。

 

ストレミラインと埋没毛の関係についてはこちらでも詳しく紹介していますのでご覧ください。

 

 

page top